先輩社員紹介

true

産業振興センター

K・T

出身:青山学院大学  理工学部 化学・生命科学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    展示会を通して企業間のビジネスマッチング ~出展営業・企画・運営~

    現在は主に、物流業の課題解決をテーマとした展示会を担当しています。
    展示会の面白いところは、様々な分野に触れられること、また各業界の課題に対する製品・ソリューションを直接見て、感じとれることにあります。
    また、出展営業から展示会当日の運営まで、一貫してプロジェクトに携わることにより、営業・企画・マーケティングスキルを同時に磨くことができます。その他出展企業のなかには、展示会当日に合わせて新製品を発表するケースも多々あり、その場に立ち会えるのも展示会の面白みです。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    ~某テーマパークと出展企業のマッチング~

    入職2年目に、現在とは違う「夏の暑さ対策」の展示会を担当しておりました。
    その展示会の開催日は、例年、梅雨明け直後の真夏日ということもあり、出展企業からは「暑くなってからの商談だと遅い」「年内の商談にはなりづらい」などの声があり、一部出展企業からの期待値はそこまで高くはありませんでした。
    そこで各出展企業に対し、今年の新商品情報をヒアリングし、テレビ報道関係者向けにプレスリリースを作成したところ、展示会当日に25のテレビ番組に取り上げられ、過去最大の来場者数を記録する結果となりました。
    展示会終了後、出展企業へ成果ヒアリングを実施したところ、誰もが知るテーマパークとの商談に繋がったとの声があり、この仕事のやりがいを実感しました。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    産業界の課題を展示会として取り上げており、社会に貢献できると考えた。

    就職活動前に、一度だけ海外の展示会に足を運んだことがあり、そのときは展示会の意義を正直わかっていませんでした。
    ただ会場はものすごく広大で、自分の知らない製品で溢れていたことは鮮明に残っています。
    その後、日本国内での展示会事情について調べたところ、海外に比べるとまだまだ発展途上であることが判明しました。
    実際に先輩に話を伺う機会があり、各産業界の課題をベースに展示会を企画していることを知り、入職することを決めました。

これまでのキャリア展示会事業(社会インフラ分野、工場・建設現場の安全衛生分野、夏の暑さ対策分野)/2年間 
→展示会事業(物流分野、住宅・建築分野)/現職・今年で1年目

先輩からの就職活動アドバイス!

社会人になった今だからこそわかることは、他者とは違う自分をアピールすることの大切さ。
面接採用のときで言えば、ターゲットとしている業界知識はある程度知っておく方がいいとは思いますが、周知の事実を語るよりも、斬新なアイディアの方が印象に残るはずです。
就活本はほどほどに、自分の好きなこと・やりたいことをオタク級に極めて語ってください。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー

他の先輩社員を見る

  • 展示会・グローバルカンファレンス立上げ、企画、営業、運営、収支管理まで

    true

    産業振興センター

    K・S
  • 階層別(役職別)研修の企画、営業、運営等を担当しています

    true

    経営・人材革新センター

    I・K
    立教大学  経済学部 経済学科 卒
  • 製造業企業に所属する方々向けの研修の企画、営業、運営を担当しています

    true

    産業振興センター

    M・N
    早稲田大学  政治経済学部 卒
連絡先:
一般社団法人日本能率協会
〒105-8522
東京都港区芝公園3-1-22
採用担当
TEL:03-3434-2375